病院紹介

看護部門

看護部長のあいさつ

舟山病院の看護部は、地域医療に貢献するために、看護専門職としての役割が果たせるよう、日々努力しております。多職種と協働することで、患者さんやご家族の療養についての意志決定をサポートして参ります。
「多様な勤務形態」を取り入れていますので、フルタイムや夜勤可能な方はもちろん、短時間勤務を希望する方も大歓迎です。育児や介護でブランクがある方も、ご自分のペースで仕事復帰が可能です。

看護部長:高島豊子 

看護部理念

私達は、看護を必要とする人々に対して
「信頼と安心の看護」「温かで誠実な看護」を提供します

看護方針

1.患者の人権を尊重し、事故のない安全な看護を提供する
2.やりがいを支援し合い、働きやすい職場環境を作る
3.組織人として、病院の運営に参画しているという自覚を持つ

看護部の教育

新人研修
・卒後1年目は、プリセプターの指導のもとに、段階的に到達目標の チェックをしながら進めていきます。
・きめ細やかな集合研修や院外研修への参加で、専門的な知識はもちろん、  視野を広く持てるようにサポートします。
・業務内容や夜勤の導入については、病棟の機能や患者さんの状況によって、 個別に検討しながら指導します。

院内研修
・卒後年次別研修の他に、スタッフの興味のある研修を検討・企画します。
・各自の目標に合った勉強が出来る様に、院外研修への参加を奨励します。

多様な勤務形態
・急性期の病院で、夜勤があるフルタイムの勤務をしていましたが、今は療養病棟で週に4日、日勤だけで働いています。
・定年後も同じ病棟で、パートで働いています。
・育児休暇後は、保育所を利用して復帰し夜勤を免除してもらっています。

新人レポート(卒後1年目)
看護師として働き始めて1年経ちました。学ぶことが多く、失敗や反省も多くありました。まだ不安はありますが、初心を忘れず、確かな知識を持った看護師になるために、頑張っています。