診療科目

婦人科

婦人科外来診療の主なものを簡単に列記しています。

(1) 月経異常 思春期から中年まで、日常多くの女性に見られ、色々な病気の原因となるもので、正しい検査と治療が大切。
(2) 不正性器出血
(3) 性感染症 近年多く見られるクラミジア感染(子宮頚管炎)、その他種々の感染症の診断と治療。
(4) 避妊 経口避妊薬(低療養ピル…多くの副効用がある)使用法の指導と関連の検査。
(5) 子宮内膜症 若い女性にも急増している。チョコレートのう腫の検査や保存治療(点鼻薬や注射)。
(6) 子宮筋腫・腺筋症 超音波エコーやCT検査、薬物による治療や経過視察上のアドバイス。
(7) 卵巣腫瘍 エコー検査やフォロー。
(8) 子宮頸がん (子宮の入り口にできる) 子宮体がん (子宮内膜よりできる) 細胞診検査や精密検査を行い早期発見、治療、経過視察の指導などを行っている。
(9) 更年期障害 閉経前後の不定愁訴(色々困った症状)、骨粗しょう症、ホルモンや骨量検査、ホルモン補充療養、漢方療法その他の治療やアドバイス。
(10) 閉経後の膀胱炎様症状 溢尿(尿もれ)や尿中潜血などの治療や症状改善のアドバイス。
(11) 子宮の下垂・膀胱膣脱 悩んでいる中高年女性が多い。その診断、治療、種々の助言。
(12) 高齢女性の血性帯下 おりものに血がまじり、心配している方が多く見られる。その治療とアドバイス。
(13) 不妊症 妊娠希望の方の諸検査(子宮卵管造影・男性の精液検査・ホルモン検査ほか…)。
(14) 外陰部の異常 腫瘍(できもの)、掻痒(かゆみ)、その他の異常があっても人に話せずに悩んでいる方…早めの診察を!!

(3)(4)(5)(6)(9)(14)についてはパンフレットを渡し、さらに詳しく説明の上治療を行っています。